体と心の健康を保つために

健康と聞くと、体についてすぐ思いつくと思います。
では、何をしたら良いか言うと「食事」や「適度な運動」が必要です。
「食事」は購入するお弁当や外食では実は野菜、果物が少なくなってしまいます。
なので、たまには意識をして野菜や果物を取り入れてみる、もっと意識が出来ているときはナッツ類や魚貝の種類、お肉の部位(レバーやささみ)にも気を配ります。

「軽い運動」については、いつもはエスカレーターやエレベーターの移動も一部分だけでも階段にしたり、ちょっとした移動に車ではなく徒歩でといった少しの工夫で運動する時間と機会ができます。
食事の支度時やテレビを見ているほんの少しの空き時間にストレッチをすると、ちょっとした気分転換にもなります。
次に、心の健康の面で睡眠をきちんと取り、ストレスで押しつぶされる前にガス抜きをする、自分の気持ちをたまには大事にしてみる・耳を傾ける事が大事かと思っています。

ストレスからくる原因不明の病気、癌もあります。
精神的にゆとりがあるときは、実は病気にかかりくいそうです。心は見落とされがちですが、本当は大事なんです。
悲しい事・苦しい事をそのままにしないで楽しくなる事・幸福感を持って生活をする事も健康には大事な要因の一つなので、私は「体も心も」大事にする事が健康を維持していくものだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です